他とは一線を隠した注文住宅をするならデザイン住宅で

資料を見るシニア夫婦

住みやすい環境にする

環境に適応するために、人間は自分を取り巻く環境を整えることから始めてきた。
それが住宅の形式を整えることで、伝統的な家屋は皆環境を住みやすいものにすることが目的であった。

Read More...

大きな一戸建て

人に合わせて使いやすく

人が使っているものを使いやすくするということは、様々な観点から総合的に考えることのできる人間しかできないものである。
機械的に同じものを生み出すのではなく、それぞれの状況に合わせた住宅づくりがデザイン住宅では可能である。

Read More...

緑の多い一戸建て

モダンな住宅の出現

素材によってデザインは変化する。
木や石といった自然の素材から、鉄鋼などの工業製品が住宅に用いられるようになってからは、直線的な建築のデザインが主となっていった。

Read More...

他とは一線を画す

案内するスーツ姿の男性

デザイン住宅は自分で設計にこだわりを反映させるタイプの注文住宅の一種である。
それに加え、デザイン住宅とは、設計に個性的でかつ伝統的なデザインを反映させるということでもある。
住宅は個人の持ち物であると同時に、建築物なので、周囲の環境にも大きく影響を与えるものである。
このデザイン住宅をうまく取り入れることで、周囲の建築物とは一線を画す注文住宅を建設することができる。

住宅には環境に配慮し、適応した家造りが求められる。
伝統的な建築物は過ごしやすい環境づくりを主に考えられた設計がされており、それが広く個々の家に取り入れられている。
そうした過ごしやすさを求めた住宅づくりも重要であるが、同時に現代では個性も追求したい所である。
注文住宅で住宅を建設するのだから、自分がより満足できるものを建設したい。
このためには、デザイナーの力を借りたデザイン住宅で注文住宅を建設し、なるべく自分の希望を反映させると満足度が高くなるはずである。

リビングと観葉植物

日本人の夢

日本は都会に多く人口が集中しており、通勤の利便性を考えるとどうしても狭小な土地になりやすい。
ゆったりと暮らすためのデザイン住宅を建設するなら郊外で建設することが推奨されている。

Read More...

作業服の男性

設計に関わる

設計はその家の完成予想図となるものなので、これに時間をかけることになる。
その時、デザイナーに任せきりにするのではなく、注文者が積極的に関わることが重要となってくる。

Read More...

家の模型と間取り

バリエーションを知る

住宅の形式は歴史によって様々な形式があり、現在の建築技術では日本の何処でもそうした建築が可能である。
自分の好みはどれか、数多あるデザインの中から選ぶことができる。

Read More...